La Fiesta's Blog


by guitala-fiesta
カレンダー

<   2005年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

神様からの贈り物

土曜にすごいことが起きました。
欲しかった楽器が手に入ったのです。
金曜から研究室に泊まっていろいろ疲れていて、
土曜も朝から工作して、失敗して先輩にいろいろ言われて凹んでて、
三島の家に4重奏の練習をしに落ち込みつつも行きました。

いつもとの行き方と変えて、初めて通る道を選び、少し迷ってしまいました。
その迷った道で突然、全く知らないおじさんから声をかけられて、
「君、アコーディオンいらん?」と言われました。
この瞬間、テンションMAXです。
「すごく興味あります。」と答えて、なんか資材置き場みたいなところの1台の車のところへ連れて行かれました。そして、トランクを開けるとハードケースに入った1台のアコーディオンがありました。ケースを開けると、赤いアコーディオンが輝いていました。
「遠慮せんと持って行き。」って言われたので、お言葉に甘えて有難くちょうだいしました。
もらってお礼をいって頭を下げて顔を上げると、もうその人はいませんでした。
たぶん、おじさんは神様だったんでしょう(笑)
テンションMAXで三島の家に行き、早速弾いてみると、めっちゃ良い音。
こんな出来事ってあるんだな~と思いました。
e0025519_17434893.jpg
これがそのアコーディオンです。黒っぽく見えますが、ワインレッドって感じです。
トンボ社製のきちんとした鍵盤式アコーディオンです。
アコーディオンて呼吸するので、まさに歌わせる感じで弾けます。
うるまでした。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-31 17:48

その日の前に

最近普通の本を読んでないなぁとふと思ってたんでなんとなく買おうと思って書店に寄ってみました。とりあえず読みたい本もなかったんで、新作コーナーでおもしろいのがないかな、と見ていると『今年一番』というフレーズが目に入りました。なんとなくそういうフレーズにだまされるのは嫌やなぁと思いつつも、作者が以前読んだことのある重松清という人やったんで今年一番やなかったら、うちからすぐ追い出してやる!と思いながら買いました。
それに100年位前の本はジョニーデップの映画を見てたまにほしいなあとは思うようになったけど、基本的にBOOK OFF とかの古本は嫌いやし、文庫本よりハードカバーの方がかっこいいと思うんでなんとなくそれを選んでみました。
前この作者のはおもろかったけど、『疾走』という題名に似合わず爽快感0の作品やったんでまたどろどろしてんのかなと思って読んだんですが、なんとも爽快でこっちの方が『疾走』がやな、となんて思いつつ読んでました。
題名は『その日の前に』。最近ブログに寒い寒いとあるんで、ぜひこういう悲しいけど暖かい作品を読めば暖まるのではないでしょうか。
題名は読めばそういうことかと思うけど、始め買うときは何の前?って感じでした。みなさんはその日がくる前に何をしますか?と思うみんまでした。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-29 23:40

電車にて…

 最近肌寒くて厚着したら、電車の中が暖房効きすぎて困ったまっさんです。
ここんとこ電車の中で独り言を言うおっさんや、向かいの席のおじいちゃんがじっとこっちをみてきたりと電車運がないです。さすがに練乳飲んでる外人には負けますが…(汗)
 今日もスーツのポケットにポテトチップスのお菓子を袋ごと(未開封)いれてる酔ったおっさんがいて、こればかりはポケットによく入ったなぁって感心しました。
 まぁでも昨日、妊婦さんに席を譲ってる中学生を見て、えらい!って思いました。
 話は変わるんやけど、昨日ほぼ1年ぶりに塾の生徒に会いに行きました。なんていうか、昔の友達に会ったみたいで、ずっとテンション高かったです。塾での仕事をしていて、生徒の笑顔を見たとき、この仕事をやっててよかったなぁって思います。来週はハロウィーンの日に塾にいくんやけど、「先生、なにか仮装してきてぇ~」って言われました。そやかて、衣装いうても僕の持ってるのはお江戸の悪代官で使った全身金ぴかのんしかないんやけど・・・
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-28 23:20

寒い

今日はこのことを書こう!と思ってblog開けてみたら同じような題材でユミさんが書いてたわぁ(笑)
最近ほんま寒いよね。朝晩が。手が冷たくって困ります。
なんか私、手だけ変温動物なんです。恒温動物ではないんです。寒い冬は冷たいし、暑い夏は暑いし。これが反対やったらどれだけいいか。きっと血の巡りが悪いからだと思うんやけど、どうにかできないかなぁ。低血圧を直さないと無理なんでしょうか・・・。
去年の冬は一人暮らしで電気代一律で前払いしてたから、寒ければ暖房いれてたなぁ。今年はもっと資源を大切に生きること目指します。

でも暑い夏よりは寒い冬のほうが好きなすずかでした。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-26 23:24

さぶい

気温とテンションが正比例の関係にある私。
最近の朝晩の寒さで、めっきりテンション塞ぎ気味です。
冷え性ではあまりないのですが、寒いのが大の苦手。
けど毎冬思うのが、何が寒いって...家の中が寒い!!
チームマイナス6%が勧めているように、ウォームビズは室温を20℃にすることが目的です。20℃。
冬、うちのストーブの設定温度は17℃です。17℃。
あら、もう達成出来てるじゃないv って思うけど、、、寒いのです!
極寒の日に限り19℃まで上げることが許されます。19℃。
なんでも、室内を暖めすぎると風邪をひきやすくなるとか。
寒がりの私にとっては、つらい冬の到来です・・・

将来は玄関からトイレからお風呂場まで、全室床暖房完備の家を目指すゆみでした。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-26 00:01
専門に勉強してるわけではないので、本を読んで思ったことを書いてみます。

その本によると、人間はパーソナル・スペースというものを持っており、このスペースを侵されることを嫌います。このパーソナル・スペースは生まれたときからあるのではなく、大きさを増していくものだそうです。赤ちゃんから小学校低学年までを対象にした実験で明らかになったみたいです。生まれ間もないころは、母親のパーソナル・スペースの中で生活してどんどんと自分のパーソナル・スペースを形成していくそうです。
この幼児期の母親のスペースでの生活が大変重要で、この時期の肌の触れ合いによるコミュニケーションが人格形成になるみたいです。この時期にその生活がないと、情緒不安定や人格障害などになるそうです。

ここからが本題です。
今の日本の状況を考えると不安に思います。犯罪の低年齢化が進んでいることです。この事実の裏を考えると、幼児期に母親(父親もやけど)の愛情を受けて育っていない子が増えているのではないかと考えられます。さらに裏をみると、愛情をかけて育てる(時間的・精神的)余裕がない社会になっているのではないかと考えられます。
男女平等で女性が社会進出するのが当たり前のようになっています。僕自身はこのことに否定をするつもりは全くありません。でも女性が社会に進出するには、日本はあまりにも基盤ができていない社会なのではないだろうかと思います。具体例は沢山あるけど省きます。
現在、選挙権をもつ人が1億人を超えたそうです。これは20才以上の人が1億人を超えたということです。20才未満が2千万人ちょっとということです。あと50年もしたら日本の人口は半分になると言われています。そんな中で、子供をまともに育てられない環境になりつつある日本って本当にやばいと思いませんか?
これからの日本をどうにかしなければ本当に崩壊すると思います。

たいしたことも書けずに長くなってすいません。うるまでした。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-25 00:14
長い間勝手に休んでてすいません。
また木曜に書いていくのでよろしくお願いします。 増田

 久しぶりなので書きたいことがいっぱいあるんやけど、今日は「初恋」について書いていきます。
 だいたい中学ぐらいで経験すると思うんやけど、その頃ってすごく純粋やんかー。だからいろいろ悩んだりすると思うねん。人を好きになるのがこんなにも幸せで苦しいのかって。
 ただもしやで、その初恋が自分の中で完結してなくて、中学のときから社会人になってもまだその人のことをずっと好きやったとしたら、どうやろ?
 初恋から16年間彼だけを思い続けた女から、手作りのお弁当が届けられたことにより、幸せな結婚生活がどんどん崩壊していく、吉村達也さんの「初恋」っていう本を最近よんだんやけど、ほんと衝撃的でした。 吉村さんはホラー小説で有名で、読んだあとに全身がしびれる感じで、いつまでもその余韻にひたることができます。 正直怖いんやけど、心地よい怖さがあって、ホラーの入門書としておすすめします。 でもこの「初恋」は幽霊の類は一切出てこないんやけど、めっちゃ怖いからあまりおすすめできません。(どないやねん)
 その代わりに「スイッチ」っていう同じく吉村さんの作品があるんやけど、少女の呪いをかけられた女が日ごとに美しくなっていく話で、なぜ美しくなっていくのかがわかったときの衝撃はすさまじかったです。おすすめです。
 話が脱線してしまいましたが、もう20を超えてるのに、魔法で人を振り向かせようとしている友達に最近幻滅しかけのまっさんでした。 
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-21 22:18

メガネ

今日は久々に一日中メガネでした。いつもはコンタクトなんですけどね。
なんか先日眼科で眼が荒れてるみたいなことを言われたのでコンタクトは控えてみたのです。
もともとアレルギーとかあって健康的な眼ではないのに最近酷使していたのが駄目やったんでしょうね・・・。最近すごく乾燥してたりもするし。
自分のメガネはコンタクトより度数が低いので視界が悪くて今日はテンション下がりました。なんか五感のうちの一つが調子悪いとすごく気持ち悪いですよね。
でもメガネって洗わなくても外したらすぐ寝れる!それがちょっと嬉しいです(笑)断然コンタクト派なんですけど、ちょっとメガネもいいなぁと思いなおしました。
あっ!今日って小学校からの友達の誕生日やった・・・。本当に今の今ふと思い出したすずかでした。メールしとこ。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-19 23:56

もしも

1億円当たったら、あなたならどうしますか?

私はこの問いに即答出来るある“答え”があります。
しかし、今までこの答えに共感してくれる人は一人もいませんでした。
しかししかし、今日私と同じ考えを持った人を知ることができました。
その人は・・・ホリエモン。
あぁ、私はこの人と同じ考え方なんだ。。。
自分の中に確信的にある考え方なだけに、否定はしません。えぇ。

                                     ゆみ
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-18 23:50

教えること

教えることって難しいです。

バイトで高3の子に物理と数学を教えているのですが、なかなか理解してもらえません。「わかった?」って聞いて、「はい」って言うから、「じゃあ、今のと同じ考え方でこれ解いてみ」って言ってやらせても、何もできないってことがしょっちゅうあります。

教え方が悪いのかもしれませんが、相手の態度ってのも重要だと思います。
ある程度の予習と復讐をしていれば、同じ問題って解けるはずなのに、前にやった問題をやったことすら覚えていないようでは話しになりません。
こっちも4年前ぐらいに解いていた問題なので忘れていることもあります。
それでも、なんらかのイメージが残っているので教えられます。

「わかる」ってどういうことか考えたことがありますか?

大学に入るまでは物理よりも脳に興味があったので、脳に関する本を何冊か読んだのですが、その中で、「わかる」ってどういうことなのかということについて言及したものがありました。
その本によると、「わかる」ってことを簡単にいうとイメージができるってことみたいです。
僕はこの本を読んでから、イメージを大切にして勉強しました。
だから、高校物理の成績が良くなったと思っています。

これを踏まえて、教えるときにはイメージというものを大切にしようとしています。
でも、自分の持つイメージを伝えるのは至難の業です。

ギターについても同じだと思いませんか?
なかなか思い通りに伝わったことがありません。音楽という姿のないものだから尚更。みんなも経験があると思います。

イメージ先行型のうるまでした。
[PR]
by guitala-fiesta | 2005-10-17 22:57